大会規約



西宮市スポーツ少年団軟式野球大会 規約 
 
 
 1. 競技ルールは、当該年度「公認野球規則」および「全軟連競技者必携・学童野球に関する事項」
   および 下記細則にて試合を行う。ただし、使用する球場により特別規則を定める。

 2. 使用球は、公認C号を使用する。(ナイガイC号ボール)
   (1) 試合球は2球ずつ各団にて準備する。

 3. 試合時間は80分(7回戦)で行う。時間を過ぎて新しいイニングに入らない。 
   (1) 前のイニング終了が80分以内の場合は、次のイニングは終了まで行う。
   (2) 後攻チームがリードしている状況でタイムアップした場合は、
    タイムアップ時の打者の打席が完了した時点で試合終了として集合をかける。
   (3) コールドゲームを採用する。(3回10点差、5回7点差で成立、すべての試合に適用する。)
   (4) 7回または、80分を超えて同点の場合は特別延長戦を行うこととする。
   (5) 決勝戦(代表が2チームの場合は準決勝から)は、時間制限なしに7回まで行うものとする。
   (6) 特別延長戦は準決勝・決勝戦は2回まで、それ以外は1回とする。
   (7) 特別延長戦は無死満塁で継続打順とし、前打者3名が順次塁を埋める。
   (8) 特別延長戦でも勝敗が決しないときは、抽選により勝敗を決する。ただし、本部長旗大会の
      準決勝・決勝は会場時間制限の許す限り勝敗が決するまで特別延長戦を行う。(事前協議)

 4. 各チームは試合開始30分前には、試合会場へ集合のこと。なお、試合開始が早くなる場合があります。
   前試合の進行状態を把握のうえ対応のこと。メンバー交換用紙は4部作成提出のこと。
    (本部用、交換用、審判用、自軍用)
    (1)メンバー交換用紙はフルネーム、ふりがなを記入すること。

 5. 出場選手は日本スポーツ少年団へ単位団として登録した選手とする。(招待チームを除く)
    (1) 選手の追加登録は当該大会の開会式前日までとし、西宮市体育協会へ追加登録を提出して、
     その追加登録用紙のコピーとNSN登録申請書(エクセル版)を修正して事務局へ提出し
     承認した時点で登録完了とする。

 6. 試合予定時間に試合の出来る状態でないチームは棄権とする。

 7. 抗議の出来るのは、監督と当該プレーヤーのみとする。ただし、1分以内とする。

 8. 監督、コーチはチームと同一のユニフォーム(スパイクを含む)を着用のこと。

 9. 監督、コーチともユニフォームを着用していない時は、それぞれ監督、コーチとして認めない。

10. 試合先攻、後攻を決める場合、主将と監督は同席し、グラウンドルール等について、
   説明をよく聞いておくこと。

11. ベンチ入りは、指導者6名(代表者、ユニフォーム着用指導者3名、スコアラー、マネージャー)
   と登録選手でメンバー表に記入した選手(20名)とする。
    (1) 代表者とスコアラー、マネージャーは自チームの帽子、上着はチームユニフォームと同色か
     白色の襟付き、グラウンドジャンパーは自チームと同等のものを着用する。

12. 用具は、JSBB公認のヘルメット(両耳付き)及びプロテクター、レガース、バットを使用すること。
    (1) 打者、走者、ベースコーチはヘルメットを着用すること。
    (2) 投球練習の際も捕手(代理の捕手を含む)は必ずマスク・ヘルメット・プロテクター・
     レガースを着用すること。立ったままのキャッチボールは適用外とする。
    (3) 捕手はファウルカップを着用すること。

13. 投球練習は試合初回と投手交代時は7球、途中回は3球とする。
    (1) 同一投手が同一回に再度登板する場合は3球とする。その他は主審の判断とする。

14. 投手は変化球を投げることを禁止する。変化球の判断は球審判断とする。
    (1) 1度は注意し、その投球はボールとする。2度目には交替させる。
     以降その試合での投手は出来ない。

15. 次試合の団のブルペンでの投球練習は、前試合が5回に入った時点もしくは1時間経過時点で許可する。
    ただし、ブルペンが1組だけしか使用できない場合は、当該試合の投球練習を優先とする。

16. 投手の投球制限については1日7イニングまでとする。ただし、特別延長戦の投球は数えない。
     (1) 投球イニングに端数が生じた場合は、三分の1回(アウト一つ)未満であっても
      一イニング投球したものとして数える。
     (2) イニングの始まりはオンザラバーの姿勢をとって球審がプレイを宣告した瞬間とする。
     (3) 同一投手が二度登板した場合は一イニングとして数える。

17. 打者は必要以外に打者席を外してはならない。(サインを見るとき等)

18. 次打者は必ず低い姿勢で次打者席で待機すること。

19. 攻守交代は全力疾走で行うこと。
  
20. 本塁打の場合、他の選手がベンチを出て迎えることを禁止する。
   ※ ベースコーチ、次打者と接してはならない。

21. ファウルボールは1塁側に飛んだ時は1塁側、3塁側に飛んだ時は3塁側のチームが処理すること。

22. 試合開始及び試合終了の挨拶は、両軍のベンチ指導者は起立して挨拶を交わすこと。

23. 試合終了後、両チームはグラウンド整備を行うこと。

24. 各球場は公共施設であり、ゴミは必ず各チーム持ち帰ること。

25. 次の事は禁止する。
    (1) ベンチ入り指導者の試合中の喫煙(ベンチを出ての喫煙も含む)
    (2) 試合を故意に遅らせること。
    (3) グラウンド内で私服でのキャッチボール及びノックをすること。
    (4) 応援での鳴り物(笛 太鼓等)の使用。
    (5) ベンチへの携帯電話の持ち込み。

26. ベンチへのメガホンの持込は1個までとする。

27. 指導者、選手及び応援団を含めて、著しく品位を汚し、また、審判員を誹謗する言動があった場合は
    没収試合とすることがある。

28. 試合中の事故については、当該チームにて処置を行うこと。

29. 指導者の選手への暴力はいかなる理由があっても絶対禁止とする。ふるった場合は
   当該指導者は無期限のベンチ入り禁止とする。
 
 平成21年9月13日 制定
 平成22年5月14日 改訂
 平成24年3月10日 改訂(総会にて)試合球について2.を改訂、試合成立について3.5イニング規定を削除
 平成24年5月12日 改訂(代表者会議にて)投手投球制限について16.を追記
  平成24年8月4日 改訂 専門委員会にて3.(2)後攻リードでのタイムアップ時の試合終了タイミング
  について、5(1)選手の追加登録について追記
  平成25年3月10日 改訂 (総会にて)ファウルカップ着用義務づけを追記
  文部科学大臣の通達を受けて29.選手への暴力禁止を追記